🕊温聲提示🕊

温又柔が、こんなことします、や、こんなこと書きました、とお知らせするためのブログ。

7・22 レースカーテンの隙間から@VACANT、ありがとうございます。

去る7・22、渋谷区神宮前三丁目の路地にある素敵な建物「VACANT」にてトークイベント「レースカーテンの隙間から:翻訳とマイノリティと」がありました。

f:id:wenyuju:20180725042442j:image

写真左から、司会者の江口研一さん、都甲幸治さん、ミヤギフトシさん。

2011年から続くAmerican Boyfriendというシリーズの一環として5回目となる今回は、言語のちがいや翻訳がうむ関係や"マイノリティ"が触れるさまざまな境界をともに探究したいとミヤギフトシさんが、都甲さんとわたしにお声をかけてくださいました。

f:id:wenyuju:20180725043016j:image

テーマじたいも魅惑的でしたが都甲さんとまたご一緒できるなら!と心弾ませて引き受けたおしごとで、予想どおりとても充実した時間を過ごしました。

7月7日に発売された文藝2018年秋号にて、「アメリカの風景」「暗闇を見る」に続く三部作の最後となる小説「ストレンジャー」を発表したばかりのミヤギフトシさん。

「ストレンジャー」は、ジャックと名付けられた主人公がニューヨークという異境の地で、セクシュアルなものを含めたみずからのアイデンティティを探究しつつ、美術制作をとおし、どうにか"居場所"を模索する"留学切ない小説"。

f:id:wenyuju:20180725044336j:image

日本語で経験しなかったことについて日本語で書くということ、語り手たちの一人称を選ぶ上での葛藤など、話題は尽きませんでした。

わたしは台湾にルーツをもち、中国語や台湾語との関連で自分のニホン語とむきあっていますが、ベースになってるのは結局は、"標準"語、東京の現代日本語です。

その意味では、日本語で小説を書こうとするのなら、沖縄の離島出身であるミヤギフトシさんのほうが、"翻訳"を宿命づけられている書き手なのだと思いました。

しかもミヤギさんは、語弊をおそれずにいえば日本の"真ん中"をすっとばして、世界の"真ん中"ことアメリカの、それもニューヨークで自分の居場所を探そうとする少年--それも、日本人、であると断定してよいのか定義がむずかしい立場の--について書くのだから…その試みに、とても刺激をうけました。

ちなみに美術家、写真家として高く評価されているミヤギさんの映像作品や写真もまた胸をぎゅっとしめつけてきます。未体験の方、ぜひとも!!

http://fmiyagi.com/

来場者の方々の中にはわたしがずーっとお会いしたいとひそかに願っていた鈴木みのりさんがいらしてて、それがすごくすごーくうれしかった💖 さっそくツーショット撮らせてもらいました。

f:id:wenyuju:20180725045714j:image

なんだか初めて会った気がしなくてほおが緩む〜。🥟水餃子にはとにかくウルサイふたり。みのりさん、いつか水餃子を食べに行きましょうね🥟あと、カラオケも!笑

f:id:wenyuju:20180725050414j:image

また、zineがきっかけで出会った大好きなDIRTYこと西山敦子さんとも久しぶりの再会!おひさま色のドレスが素敵でうっとりしちゃった。ぜったい欲しいと狙ってたケイト・ザンブレノ『ヒロインズ』(C.l.P. BOOKS)をちょうだいしちゃいました。これ、ほんとうにすばらしいので詳細は追ってまた!

そしてそして、

f:id:wenyuju:20180725050502j:image

 2014年の秋、ともに台南・高雄・台北を旅した田村かの子ちゃんも来てくれた😍

台南の国立台湾文学館の資料室をはじめ、呂赫若とむきあった忘れがたいr:ead#3での2週間がよみがえり、胸があつくなりました。

r:ead(レジデンス・東アジア・ダイアローグ) 

http://artscommons.asia/projects/read

かの子ちゃんともまた一緒に楽しいことがしたくてうずうずしてます。関係者各位、作戦会議しましょう!

というわけで、個人的にうれしい出会いと再会に満ちた一日となったのですが…

f:id:wenyuju:20180725052102j:imagef:id:wenyuju:20180725052112j:image

"マイノリティ"とは誰か、という問い。そして単なる断絶ではなく柔らかな境界について…わたしはわたし、ミヤギさんはミヤギさんと、それぞれの探究の旅はまだまだ続きそうです。否応なく"マイノリティ"である、ということの夢のような特権性と悪夢のような不自由さの両極を揺れながら、創作という"ワイルド・サイド"を…ともに歩む頼もしい仲間とまた出会えて、わたしももっと闘わなくちゃとあかるい闘争心を燃やしています。

ミヤギさん、ほんとうにありがとうございます。これからもkeep in touchでね💖

https://www.youtube.com/watch?v=4p_cXfdz8Hw