🕊温聲提示🕊

温又柔が、こんなことします、や、こんなこと書きました、とお知らせするためのブログ。

「祝宴」が野間文芸新人賞にノミネートされました📖

第44回野間文芸新人賞の最終候補作にノミネートされました。選考会は11月4日に行われるとのこと。

「新潮」2022年5月号より

「新潮5月号」に発表した小説「祝宴」が第44回野間文芸新人賞の候補作としてノミネートされました。https://twitter.com/Monthly_Shincho/status/1574599496985890816?s=20&t=BeohSDF3Vtt3FbiqeGJQYw

デビュー以来、理想とする小説のイメージははっきりとあるのに、それを表現するための自分の筆力がなかなか追いつかず、一作また一作と、たっぷりの時間を費やして書く日々を重ねてきました。幸運なことにそんな私の傍には必ず、私の「志」を、その都度その都度の私にとって”最善”の小説として形にするために楽しそうに!併走してくださる編集者がいました……この「祝宴」もまた、そうやってどうにか書き上げたものなので、こうして2022年の候補作の一つとして、日本現代文学愛好者の方々に「注目」されることになっただけでも、何かが大いに報われた気持ちです。

野間文芸新人賞といえば、講談社が主催する「野間三賞」のうちの一つ。2021年度の野間文芸賞の受賞作は、リービ英雄の『天路』でした。日本語でのみ書き得る文体として最高の感触をもたらす『天路』の著者は、私の文学の恩師でもあります。私の新人賞のノミネートが1年早ければ、(そしてめでたく「受賞」が果たせていたなら)、リービ英雄と同じ晴れ舞台に立てたかもしれない……そんな妄想ともつかない贅沢な空想をしていたら、リービ英雄もかつて野間文芸新人賞の受賞者であることを思い出します。受賞作は『星条旗の聞こえない部屋』。そしてそれは、1992年。今からちょうど30年前のことだと気づきました。

李良枝、中上健次が急逝したその年、リービ英雄は彼にとって第1冊となる小説集『星条旗の聞こえない部屋』を上梓したのか、と思ったらにわかに眩暈がする心地に。のちに法政大学で教鞭をとるようになったリービさんと巡り会い、そして、そんな先生に熱烈に薦められたからこそ、私は李良枝や中上健次を夢中で読みました。30年。この巡り合わせにスッと背筋が伸びます。

このブログを書きながら今気づいたけれど、「祝宴」の主人公・楊明虎は1950年生まれ。リービ英雄と同じ歳です。私と先生は親子ぐらい年齢が離れているのだな。

1992年から30年後。この賞にノミネートされた特別な重みを心地よく感じながら、今の私と同じ年齢だった「星条旗の聞こえない部屋」の作家が、その後も弛まなく「国と国、言葉と言葉の〈間〉」を鋭く見据えながら小説の言葉としての日本語の地平を切り拓き、のちに「天路」を書き遂げたように、私も書く日々の続きを生きなければ、と改めて思っています。むろん、受賞しようとしまいと!また、『祝宴』の単行本は11月下旬刊行予定で鋭意準備中です。どうかお楽しみに!

⏰『永遠年軽』(講談社)、もうじき!

まもなく刊行予定の短篇小説集『永遠年軽(えいえんねんけい)』のカバーと帯が届きました。

清々しく美しい装丁画は、ムラサキユリエさんによるもの。

Bob Dylan「Forever Young」にちなんだタイトルは、えいえんねんけい、と読みますが、yǒng yuǎn nián qīng と読みたくなる方もいらっしゃるはず。そんな表題をあらわす四つの漢字に、日本語と中国語の二種類の音声が重なるイメージの装幀が、著者としてとっても愛おしいです。発売予定日は10月6日。書籍の詳細は追ってまた!どうぞよろしくお願いいたします。

 

🚇『鉄道小説』(交通新聞社)、出発間近!

だれもが一度は目にしたことのある『JR時刻表』や『旅の手帖』や『散歩の達人』などで親しまれている交通新聞社による鉄道開業150周年記念企画。全篇書き下ろしの短篇アンソロジー集『鉄道小説』がもうじき発売です🚇

prtimes.jp

私・温は、「ぼくと母の国々」という一篇を寄せました。緑色一色のデンシャ、山手線の記憶など。乗代雄介さん、澤村伊智さん、滝口悠生さん、能町みね子さんとの「同乗」が嬉しくてたまらないです。(ちなみに私もCanCamやJJを読めない「女子」だったので……能町さんの『くすぶれ!モテない系』をちょっとした心の支えにしていた頃の自分にいつかあなたは能町さんと同じ本に名前を連ねるんだよと教えてあげたい・・・❤︎)スリーブケース付きの上製本仕様で、写真越しにも「名作選」の風格が既に漂う仕上がりに!手元に届いたら抱きしめてしまいそうです。鉄道ファンにとどまらず、一人でも多くの方々に愛される1冊となりますように🚇 発売日は10月6日です。偶然にも同日に講談社から私の最新小説集『永遠年軽』も発売されますが、こちらについては追ってまた。

✏️「つんどく本を開く」書きました

9/24朝日新聞読書欄の新コーナー、「つんどく本を開く」を書かせていただきました。

www.asahi.com

いつか読もうと積んだままだった本に手をのばし、開いてみる、というコーナー。どの本にしようか、あれこれ思索する段階から、とても楽しい”執筆”でした。刊行されてから結構な年月がすぎて、今では品切れになっている本についても、じっくりと書かせてもらえる機会を得られたのが本当に嬉しかったです。

f:id:wenyuju:20220924234438j:image

あいかわらず、わたしがいるこの部屋には、未だ読破には至らない「愛読書」がたくさん。白状すれば、自分が「読書家」などとはやはり到底思えません。でも、ことばをとおしてことばにならぬ領域に触れる、という経験じたいは、やはりとてつもなく好きなようなのです。

平松麻さんが描いてくださった絵が神秘的です

これからも、「読書」とは名ばかりの、わたし自身の存在や、そんなわたしを取り巻く世界の「謎」に迫るべく思索のために、わたしは書物を頼りにするのでしょう。それぐらい、書物なるものは、世界を学ぶ上では偉大な存在なのだと常々思います。たとえ、学び得るものが時間の長さも含むこの世界全体のうちの、ほんの僅かばかりの片鱗だとしても。

🚩「風の色」掲載されました。

しんぶん赤旗日曜版9月18日号に連載中「風の色」が載りました。

f:id:wenyuju:20220917220241j:image

編集部が付けてくれたタイトルは、「善意」がむしる心。いま少しずつ読み進めているロビン・ディアンジェロの『ナイス・レイシズム』に触発されて書いたコラムです。この本の副題は、なぜリベラルなあなたが差別をするのか?

f:id:wenyuju:20220917220614j:image

私たちは実はそんなに善良ではない。いつからか、自分自身を疑うことは、自分を信頼することと同じぐらい重要だと感じることが増えた。矛盾するようだけれど、それは両立する。自分を信じるためにこそ自分の想像力を過信せず、それが及ぶ範囲には確実に限度があることをなるべく忘れずにいたい。私はとにかく忘れっぽいから。

f:id:wenyuju:20220917221147j:image

あとね、ある一面においては"マイノリティ"だからって安心してたくない。

🦋『李良枝セレクション』(白水社)、飛び立ちました🦋

2022年9月7日、『李良枝セレクション』が白水社より刊行されました。1992年5月22日、37歳という若さで惜しまれながら急逝した李良枝の没後30年記念出版です。

撮影・朝岡英輔

刊行に寄せて、エッセイを書き下ろしました。

www.hakusuisha.co.jp

今回の出版にあたって、李良枝の実妹である李栄さんをはじめ、李敏子さん、朴和子さん、そして山梨県立文学館の方々に大変お世話になりました。心より感謝を込めて。

2022年7月12日、大久保にて。栄さん、白水社のSさん(右)と。撮影・朝岡英輔。

小説家・李良枝の”遅れてきた”読者である私と、人間・李良枝さんにとってかけがえのない大切な存在だった栄さん。

李良枝の小説とこれから新しく出会う人にとって、そして、李良枝を長く愛してきた人々にとっても、『李良枝セレクション』が新たな「愛読書」となるように祈りつつ🦋

栄さんが、ずっととっておいてくださった私の手紙(と、へっぽこ修士論文)。

✏️「日本語の住人として」掲載されました。

9月4日、毎日新聞文化面第一日曜日にて、斎藤幸平さんの「分岐点、その先へ」と交互に連載中「日本語の住人として」の第3回めが掲載されました。

mainichi.jp

「あなたは李良枝をとおして自分自身を語ろうとしているに過ぎない」。小説に先立って書き上げた修士論文を読んだ指導教官たちからの叱咤を激励と受けとめた日々から、今もそんなに遠くにはいない気がするのはなぜだろう。

李良枝を再読するたび、私の中の小さな希望の火花は蘇る。ひょっとしたら、いつか誰かが、私の小説をとおして、彼自身について、彼女自身について、語られずにいられなくなるかもしれない? そう夢想することで、書く自分を焚きつけてきた。今は少し心境が変わった。次は、次こそは、二つ以上の国や文化を行き来しながら育ったという出自や境遇を重ね合わせさえすれば共感できた気になってしまう程度のものを書くのはよそう。共感しやすさだけが、小説の魅力ではない。それも、李良枝から教わったこと。さあ、『李良枝セレクション』の刊行ももうじきです。そして、毎日新聞のウェブサイトに「日本語の住人として」のページがあるのをさっき知ったばかり。剪り絵風の朗らかな赤のバナーが素敵で嬉しい。

mainichi.jp