🕊温聲提示🕊

温又柔が、こんなことします、や、こんなこと書きました、とお知らせするためのブログ。

「言葉の居場所を探して」@大阪大学グローバル日本学教育研究拠点

今週末、大阪大学グローバル日本学教育研究拠点「在日コリアン文学の国際研究ネットワーク構築」主催のシンポジウムが開かれます。私は「キーノートスピーチ」という大変光栄な役を担わせていただきます。

李良枝さんについては今までもあちこちでよくしゃべってきたけれど、今回は格別なのです。何しろ、昨年刊行した『李良枝セレクション』の編者として、そして、「由熙」があったからこそ「好去好来歌」を書くことができて、そこを起点に、一作、また一作と、どうにか自分の本を十数年書き続けてきた一人の作家として、お声をかけてもらったのですから……李良枝は1992年に37歳で急逝しています。同年、李良枝に「(小説を)書きなよ、書いて治めるしかない」と勧めた中上健次もやはり46歳の若さで亡くなっています。つまり2022年である昨年は、李良枝と中上健次の没後30年という年でもありました。この記念すべき年に『中上健次論』(インスクリプト、2022)という大著を上梓なさった渡邊英理さんが「温又柔と李良枝について話したい」と願ってくださったおかげで、今回のシンポジウムは企画されました。そんな渡邊さん、日本国内にとどまらず、世界各地で李良枝を読んでいる研究者の方々との「交流」の機会まで設けてくださいました。とても楽しみです。ニコラス・ランブレクトさん、宇野田尚哉さんらのご協力もあって、いよいよこの週末に控える私たちの「お祭り」、楽しい予感でいっぱいです。

鞄が、重くなりそうだ……

とにかくまずは、「キーノートスピーチ」、いっしょうけんめい、喋ります。自分に、正直に。会場に来てくださるご予定の方々、お目にかかれるのを楽しみにしております。配信でご視聴くださる皆さまからも「見守られている」と信じて、胸を弾ませます。

斎藤真理子著『韓国文学の中心にあるもの』(イースト・プレス、2022)について。

良い本が順調に版を重ねると、とてもとても力が湧きます。

昨年初夏、夢中で読んだ斎藤真理子さんのご著書『韓国文学の中心にあるもの』が重版。

「構造的な問題について考える余裕」と「他人への想像力」。この本を読んで以来、この二つを、自分がどんなふうに確保し、維持できるのかよく考えます。余裕と想像力。ちょっとでも油断したら、あっという間に両方とも勢いよく奪われてしまうものなので……。

パク・ミンギュ、ハン・ガン、チョン・イヒョン、チョン・スチャン、そしてファン・ジョンウン。どれも斎藤真理子さんの訳!

『韓国文学の中心にあるもの』は、文学作品だけにとどまらず、たとえばスタジオ・ドラゴンやスタジオ・Nで製作されるドラマなど、現代韓国で旺盛に作られる魅惑的な物語の数々に横たわる、その「底力」も伝えてくれるように感じてなりません。「日々無力感を覚え、この無力感が、自分と他人への嫌悪に発展して、嫌悪感が高じると他人への想像力も弱まってしまう」(ファン・ジョンウン)。だからこそ圧倒的な力を前にした私たちの一人ひとりが、自分は微力だけれど決して無力ではない、と信じる力を取り戻させてくれるための物語が、いくらでも必要なのでしょう。少なくとも私は、しょっちゅうそのために、小説やドラマにすがってしまいます。そしてここ数年は、気がつくと韓国のものばかりを選んでしまっています。斎藤さんの本を読んでいたら、ここ最近の自分がどうしてこんなにも韓国小説(やドラマ)に魅了されるのか、よくわかるのです。今回、この本の重版を受けて、なんと帯文に私の言葉が採用されました!しかもやはり敬愛する星野智幸さんのすばらしいコメントとともに。すごい嬉しい。チョ・スンウとペ・ドゥナの『秘密の森』を愛してやまない星野さんと、また韓国ドラマの話がしたいなあ。

『来福の家』(Uブックス、2016)より。「文学」は、私たちの命綱。

去年の「筆記」も添えて。

wenyuju.hatenadiary.com

 

「普通」をほどく 『李良枝セレクション』をめぐって

お知らせが遅れましたが、2022年12月25日毎日新聞に李良枝さんの記事が大きく載りました。良枝さんの実妹・栄さんが語ってくださる「お姉ちゃん」の話はとてもチャーミング。『李良枝セレクション』収録の小説やエッセイ、講演録から伝わるものとはまた異なる李良枝さんの愛らしい魅力が伝わります(何しろ栄さんご自身もまたとっても素敵な方なのです)。

李良枝は、ありとあらゆる矛盾に対して言葉の次元で闘った作家。外国にルーツがあろうとなかろうと、この闘いを自覚的に闘う作家をこそ、この闘いを自覚的に闘おうとする作家のみを、私は尊敬します。このニュアンス伝わりますように。

栄さんが中心となって刊行していた日中英韓4ヶ国語の情報誌『We're』の創刊号の巻頭には、李良枝さんが綴った言葉あります。「これからも、わたしたちの交わし合う声の響きや日々のあり方が、必ず新しい歴史を作り出していく源になっていくだろう」。2023年。李良枝を燈にニホン語を書き続ける一人の作家として、隣り合う人々と交わし合う声の響きを堂々と愛おしめる安心感を死守するためにも、「日本語の住人として」の自分にとってのこれまでの日々をこれからも怯まず丹念に観察してゆこうと思っています。より良い未来と新しい歴史の源は私たちの日々の選択に懸かっていると信じながら。

未来を照らす力になりたい 今よりちょっとだけいい世界 小説で しんぶん赤旗インタビュー記事

しんぶん赤旗日曜版、2022/12/18号に『祝宴』刊行インタビューが掲載されました。そろそろ次号が出るため、こちらにこっそり✨紙面をアップします。

腕なんか組んじゃってえらそうな著者近影、なかなか気に入ってます。野間あきらさんが撮ってくださる写真はいつもいい!

「真ん中の子どもたち」を発表した2017年夏からずっと、私の書くものを丹念に読み込み、刻一刻と変容する社会と関連付けながら真摯な記事を書き続けてくださっている金子記者によるインタビュー。今回も、充実した原稿をお書きくださいました。次回作を発表する頃には金子さんとどんな対話ができるのだろうと早くも楽しみになります。頑張る。そんな金子さんに、「私にとって書くことは自己治癒です」と毎回、繰り返している気がします。書くことで、私の心はいつも治癒される。心の治癒が巧くゆけば、心を動かす力も回復する。「私は微力だけれど、無力じゃない」と思える。これまでも、これからもきっと。

「普通」を問いつづけなければならない時代に 『小説トリッパー冬2022』

2022/12/16発売『小説トリッパーWINTER 2022』にインタビュー記事が載っています。

あかるい方へ向かって歩く姿を撮ってくださった写真がとても気に入ってます。(撮影・加藤夏子)

2009年に「好去好来歌」でデビューし、「永遠年軽」と「祝宴」を発表するまでの自分が、その都度そのつどの自分にできる「最高」をどんなふうにめざしてきたのか、たっぷりと喋らせてもらいました。なんと、10頁にも及ぶボリュームたっぷりの記事です。このコーナーに登場させてもらえたことで、これまで発表してきた自分の作品を一覧することができて、ほかでもない私にとって大変贅沢な機会となりました。

インタビュアーは、倉本さおりさん。安心して、思いの丈を次々と言葉にすることができました。

「小説トリッパー」の編集部・Uさんがつけてくださったインタビュータイトル「『普通』を問いつづけなければならない時代に」が頼もしいです。同号掲載の〈クロスレビュー〉では、「好去好来歌」が活字になったばかりの頃から私に注目くださっていた江南亜美子さんが、「祝宴」を「複雑な言葉や民族的バックボーンを描きつつ、コミュニケーション不全からの回復の問題という普遍的なテーマが浮上してくるのが本書の魅力だ」と評してくださっていて……。

江南亜美子さんが、やはり「小説トリッパー」の〈クロスレビュー〉で、「日本語文学の地平を切り拓かんとする力を、温又柔は秘めている」と書いてくださったときも、ものすごく励みになったのを、とってもよく覚えています。

『小説トリッパーAUTUMN 2017』より

考えてみれば、この5年は、「書くべきテーマを繰り返し書くなかで」、「小説の肌理(きめ)」についても、ずっと意識していました。「群像12月号」掲載の平岡直子さんによる「永遠年軽」評を読んだときにも強く感じましたが、小説を、一作また一作と発表するごとに、その作品の著者としての私という作家の可能性を、私に感じさせてくれる書評に確実に恵まれつづけてきたので、やっぱり私は幸運な作家なのです。

wenyuju.hatenadiary.com

さて。次の計画も、実は。「たぶんこれからも私は、かつて日本の統治下にあった台湾人の「末裔」として日本語で生きている自分自身を軸に、歴史と向き合ったり、歴史と戯れあいながら、小説を書く」のでしょう。

publications.asahi.com

ちなみに、この「小説トリッパー2022年冬号」には、『永遠年軽』の装画を描いてくださったムラサキユリエさんのイラストも織り込まれてて。それもなんだかものすごく嬉しい。

2022/12/16の再確認🌱

山手線と「ぼくと母の国々」『鉄道小説』(交通新聞社)インタビュー記事です🚉

「いまだに日本では小説に限らず、芸術に政治を持ち込むのは偏っている、と言いたがる人は少なくない。私からすると政治や社会や歴史と無縁でいられると思い込める時点ですごく特権的なのになって。でもだからと言って、逆に、政治的な正しさを鎧に自分は常に正しいと居直って、自己点検を怠る人たちにも欺瞞を感じる。どちらの極に振れるとしても、私が一番怖いのは自分の思考が停止することです」。
これが私の、いまもむかしも、いちばん恐れてることだ。たぶん、これからも?
交通新聞社さんによるインタビュー記事です🚉

www.toretabi.jp


 

世界の彩りを描く 週刊読書人インタビュー記事🎙

『週刊読書人』12/9号に、『祝宴』刊行記念インタビュー記事が掲載されています。

『祝宴』だけでなく『永遠年軽』の書影もカラーで入っていて、嬉しい!

前作『魯肉飯のさえずり』刊行時も、ボリュームたっぷりのロングインタビューを掲載してくださった『週刊読書人』さん。今回も、ぎゅぎゅっと大事な話が紙面に詰まっています。インタビュアーのSさんが著者近影も撮影してくださったのですが、Sさんと過ごした時間が楽しすぎて我ながら非常にいい笑顔です(ちょっと調子に乗りすぎたかな……)。1面と2面には『ボーダー 移民と難民』(集英社インターナショナル)の著者である佐々涼子さんのインタビュー。佐々さんと同じ号に自分の記事が載っているというこのご縁がとても嬉しく、また頼もしいです。吉野靫さんの書評も見逃せません。

jinnet.dokushojin.com

Sさんによる編集後記も沁み入りました。「佐々さんの願う『イマジン』な世界、温さんの描く、分かり合えない者同士が共にある宴を、祝福し信じたい。『人の尊厳とはなにか』とは大仰だが、丁寧に造られた本が証立てるものがあると思う」。

クリスマスが近いので、「戦争は終わる、あなたが望めば」とつぶやきたくなる。本当は年中、つぶやくべきことなのだけれど。